27歳女が気ままにつぶやくブログ

2017秋にアニヴェルセル大宮で挙式披露宴を行いました。今はそのことを主に更新中。思ったことを思ったままに。

招待状の準備が終了しましたぞ

 

 

 

 

2017秋にアニヴェルセル大宮で挙式予定のプレ花嫁です。

ゆるいゆるゆると結婚式準備ブログ更新してます('◇')ゞ 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

梅雨も正式にあけて夏ですね

 

 

サマーサマー

 

 

夏が終われば秋!そう!結婚式!!!

 

 

8月に招待状を発送しないといけないので

ここ最近だらだらと作ってました。イエーーーーーイ

 

題名の通り

招待状が完成しました!!!!!!!!

 

 

 

招待状は式場に頼むと高いので

PIARYで招待状キットを購入して自分で印刷しました。

 

 

前にも画像を載せましたが、その招待状はこちら。

f:id:mppp87:20170722102757j:plain

 

会社関係、友達、親戚と年齢幅も広い方々が来るので 無難なやつにしました。

 

 

たしかお値段

 

 

1人分140円

 

 

式場で頼むと500~600円とかするんですかね?

 

 

どうなんですかね?

 

 

そう考えるとかなり安いかと。

 

 

 

中身はこちら。 

f:id:mppp87:20170722102802j:plain

(人が特定できてしまうところは隠してます)

 

 

招待状のテンプレートをPIARYからダウンロードして

文章を打ち込みアニヴェルセルのウェディングメモリーで担当のプロデューサーさんにチェックをもらってから 印刷!といった流れでえええええす

 

 

 

詳しいことはグーグル先生とかYahoo先生に聞いて欲しいんですけど

 

招待状は

【招待状】自分たちの名前で出す(新婦旧姓)【封筒】新郎新婦住所別&新婦旧姓パターン(よくあるやつ)

招待状も封筒差出人も親の名前出す(入籍前はこれ)

招待状も封筒も同じ住所&同性で出す(新婦側には旧姓を○○と入れる)

 

というパターンで

招待状の文章と差出人もいろいろとルールがあるみたいです。

 

 

1番上の文章パターンは1番オーソドックスなやつらしいんだけど

封筒の裏面は

 

新郎住所

新郎名前

新婦住所

新婦名前(旧姓)

 

で、出さないといけないらしい(詳しいことはわかりません。笑)

 

 

 

 

最初、わたしたちは文章を1番オーソドックスなやつにして

封筒の差出人を

 

山田太郎

  花子

 (旧姓:佐藤)

 

みたいなかんじにしようとしてたのですが

それは常識的にダメらしいです。

 

わたしを実家の住所&旧姓で出さないといけないという風になったのですが

 

わたしたちは

籍を入れて1年近く経つ

同棲期間が長い

 

のです。

 

 

いまさら実家の住所なんて違和感でしかない(笑)

 

 

 

結婚してることも同棲してたことも列席者はほぼ全員知っているので

招待状の文章を載せた画像の文にようにして

 

封筒の差出人を

山田太郎

  花子

 (旧姓:佐藤)

 

このパターンで出すことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

招待状にリボンもつけて~~~~ 

f:id:mppp87:20170722102804j:plain

 

 

返信はがきも印刷して 

f:id:mppp87:20170722102810j:plain

 封筒の差出人のとこをも印刷

 

 

返信はがきの文章を

PIARYのテンプレートからそのまま持ってきて

1文字も変えずに担当プロデューサーさんに見てもらったのですが

よくない表現?があったみたいでそのままは使えませんでした(笑)

 

 

 

PIARYのテンプレートそのまま使う人は注意ですね~~~~~~

 

 

封筒の宛名は

印刷より手書きでお願いしますと言われたのですが

字が下手すぎて手書きで書いたら逆に失礼!と思い(笑)

 

 

 

大好きダイソーでLEDライトとA4のファイルを購入し

f:id:mppp87:20170722102814j:plain

 

 

ファイルの中にライトを入れて光らせると! 

f:id:mppp87:20170722102816j:plain

 

この上に置いた文字が透けるので!

 

 

 

あらかじめ封筒サイズの印刷用紙に住所と名前を印刷して

それを透かして筆ペンで書きました!ヤッホー

 

 

ネットがある時代に生まれてよかった。

 

 

 

中に入れる付箋は

普通のコピー用紙はペラペラでいかんだろと思い

わたくし大好きダイソーに売ってるこの厚手の用紙を使いました。 

f:id:mppp87:20170722153415j:image

 

 

付箋のネットに落ちてる素材を使い

文章も担当プロデューサーさんにOKもらってから印刷

 

名刺サイズなので

定規とカッターを使って切る!!!終了!!!!!

 

 

 

切手も郵便局でお祝い用の切手を購入して貼る!!!!!

 

 

切手貼る時

使ってないスポンジに水含ませて貼りましたとさ。

 

 

 

あとは8月の大安に郵送するだけ!!!!!

 

 

 

夏休みの宿題はギリギリにやるタイプでしたが

結婚式のことはギリギリにやって中途半端にしたくないので

余裕を持ってやったぞ~~~~~~~~~~い

 

 

 

そんな招待状事情でした。